人気小兵力士・炎鵬が2勝目 「土俵に上がれることの喜びと幸せを感じて」

炎鵬(奥)は大翔丸を上手投げで下す
炎鵬(奥)は大翔丸を上手投げで下す

 ◆大相撲夏場所9日目(17日、東京・両国国技館)

 東十両筆頭・炎鵬(宮城野)が、西十両4枚目・大翔丸(追手風)を上手投げで下し、2勝目(7敗)を挙げた。すでに負け越しまで後がなく、苦しい状況が続く今場所。元幕内の人気業師は「思うように行かない中で、自分に何ができるのかなというのを毎日考えて土俵に上がっています」と話した。

 立ち合いですかさず右に変化。右上手を奪うと、相手を巧みに転がした。持ち味を存分に発揮した内容に、国技館内は大きな拍手に包まれ、「(ここまで)こんな相撲を取っても、毎日応援して下さる人だったり、声援を頂けて、その人たちのためにも土俵に上がって、何か土俵で伝わるものがあればいいのかなと思います」と感謝した。

 2日目の宇良(木瀬)戦では右肘を極められ苦悶(くもん)の表情。4日目以降は、サポーターを着用して土俵に上がっている。「土俵に上がれない方が辛いですからね。土俵に上がれるっていうことを喜びと幸せを感じて。一日一日。力の限り相撲を取っています」。巻き返しを期す炎鵬は後半戦に向け、「一日一日、できる限りの力を出し切りたいと思います」と意気込んだ。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請