橋下徹氏、三木谷氏の「五輪開催は自殺行為」発言に「リスクだけ言うなら楽天の野球やサッカーどうなの?」

スポーツ報知
橋下徹氏

 17日放送のフジテレビ系「めざまし8(エイト)」(月~金曜・午前8時)では、開催が危ぶまれている東京五輪について特集した。

 楽天グループの三木谷浩史会長兼社長が14日放送の米CNNテレビのインタビューで、新型コロナウイルスの流行下の東京五輪開催は「自殺行為だ」と批判した一件について聞かれたコメンテーターとして出演の元大阪府知事で弁護士の橋下徹氏は「いろいろな考え方があるので、それぞれが発信すればいいと思いますが、矛盾とか論理的におかしいじゃないのと国民はすごく感じているわけですよ」とまずコメント。

 その上で「政府がオリンピック(開催)をゴリ押ししていることに関してのモヤモヤ感。一方では民間には営業を危ない、危ないと止めさせている一方でオリンピックはなんでいいんだ?ってモヤモヤ感はみんなありますよ」と続けた。

 「医療体制がひっ迫している中で選手は特別扱いするのかも政府ははっきり言わない。そういう論理的整合性がなところにモヤモヤ感を感じているんです」とした上で「三木谷さんの発言も注意しなければいけないのは、リスクの点だけで言ってしまうと、オリンピックだけでなく、三木谷さんの楽天の傘下にある野球やサッカーは一定の観戦対策をやることによって実施されているわけですね。だから、僕はリスクのところよりもオリンピックという特殊性、国民の祝祭ということで、みんなが気持ち良く盛り上げていくということ、多額の税金が入るということを考えれば、個別のスポーツのイベントと違うんじゃないかってことならば、スッキリするんですけど。リスクのことだけを言われてしまうと、観戦対策をやっているオリンピックと楽天の(野球などの)チームとどう違うの思ってしまう」とした上で「僕は観戦対策をしっかりしたうえでやってもらいたいと思う立場なので、論理矛盾のない不公平のないメッセージを政府に出してもらいたいです」と話していた。

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請