藤川球児氏が指摘…大事な直接対決で散見された巨人ナインの「もったいない」プレー

暗い雰囲気の巨人ベンチ
暗い雰囲気の巨人ベンチ

◆JERAセ・リーグ 巨人5―6阪神(16日・東京ドーム)

 巨人は4番・岡本和真の先制ソロを含む猛打賞の活躍も、阪神に1点届かず敗戦した。スポーツ報知評論家の藤川球児氏が伝統の一戦を振り返った。

 ※ ※ ※ ※

 巨人は“らしい野球”を貫いて敗れた。初登板の阪神先発・アルカンタラには制球にまとまりがあったから、積極的に攻め「簡単なチームではない」というイメージを植え付けた。ゲームの展開上、数多く勝負しているため失敗もつきものだ。ただ、原監督からすれば、「1勝1敗で迎えた直接対決をどう捉えているのか」と選手に疑問を抱く部分があったかもしれない。

 先発の今村は2点リードをもらった直後の3回先頭の中野に2球で追い込みながら、ボール球を使わず3球目を右前に運ばれた。さらに、投手にも初球の直球で犠打を許した。もったいないという印象は拭えず、必要以上の失点につながる要因になった。

 8回2死から代走で出場した一塁走者・増田大が岩崎のけん制に誘い出された盗塁死も、あのタイミングで走る必要があったのか。阪神バッテリーはこの3連戦、打席にいたスモークへの配球に苦心し、カウントは2ボールだった。彼はここぞのシーンで何度も走ってきたものの、逆転本塁打の可能性もあった場面。状況を考えるべきだろう。また、代役遊撃の吉川が適時失策を犯したが、重要な試合で核を担う坂本の穴は攻守にわたって影響していた。

 100試合以上残すとはいえ、4・5ゲーム差は大きい。首位の阪神は余裕が生まれ、故障者を出さないように休養を与えながら選手起用できる。巨人は今一度、地道に目の前の試合を戦っていくことが求められる。

(スポーツ報知評論家・藤川 球児)

映像提供:GIANTS LIVE STREAM
試合詳細

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請