【G1開場記念ゴールデンレース】佐藤貴也が14年ぶりの地元G1勝利…浜松オート

佐藤貴也
佐藤貴也

 浜松オートG1「開場65周年記念ゴールデンレース」優勝戦が最終日の16日、第12Rで8選手により行われた。レースは6番車の佐藤貴也=浜松=が、抜群のスタートを決めて先頭を奪うと、最後まで譲らずトップでゴール。ゴールデンレース初制覇を飾った。佐藤のG1勝利は19年「平成チャンピオンカップ」(山陽)以来2年ぶり5度目、地元・浜松に限れば07年「秋のスピード王決定戦」以来14年ぶりの地元G1制覇となった。2着は鈴木圭一郎=浜松=、3着は荒尾聡=飯塚=だった。

 佐藤貴也「めちゃめちゃうれしいです。お客様の声援も聞こえました。いつ聞いてもうれしいものですね。出来過ぎぐらいのスタートが決められましたし、枠番選択で(自身のラッキーカラーの)6を選んだのが良かったのかもしれません。(道中は)ミスをしないことを心がけて乗りました。久しぶりに地元のGIを勝ててうれしいです。また皆さん応援してください。ベット・オン・ミー!」

ギャンブル

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請