重岡大毅が“初主演”連ドラで初シングルファーザー役「やったるでー!という気持ちで」7月TBS系

スポーツ報知
ドラマで共演する重岡大毅(上左)、木村文乃(上右)、仲野太賀(下左)、岸井ゆきの(下右)

 ジャニーズWESTの重岡大毅(28)が、7月スタートのTBS系金曜ドラマ「#家族募集します」(後10時)に主演することが14日、発表された。ゴールデン・プライム(GP)帯の連ドラとしては初主演。シングルファーザーを演じる重岡は「やったるでー!という気持ちで頑張ります」と高らかに意気込んだ。

 “父親の経験”は積んできた。グループ初の冠バラエティーとして、19年から動画配信サービス「Paravi(パラビ)」でメンバーが1日限定のパパになるというリアリティーショー「パパジャニWEST」を配信。昨年からTBS系で地上波レギュラー化もされた。元々、子供好きでもあり、満を持して父親役に挑む。

 重岡は昨夏に日本テレビ系「24時間テレビ」で先輩のV6・井ノ原快彦(44)らとメインパーソナリティーを務めた。グループでは、他にも桐山照史(31)が1月期に「ゲキカラドウ」(テレ東系)で連ドラ初主演。同じ7月期では濱田崇裕(32)も日本テレビ「武士スタント逢坂くん!」(7月26日スタート、月曜・深夜0時59分)で単独初主演するなど、個々の活躍が目立つ。

 今作はSNSで家族を募集して集まった男女4人と子供3人が共に暮らす姿を描く新時代のホームドラマ。重岡とともに、木村文乃(33)が小学校教師のシングルマザー役、岸井ゆきの(29)が子持ちのシンガー・ソングライター役で出演する。「家族募集」の発案者で主人公の幼なじみ役を仲野太賀(28)が演じる。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請