【楽天】田中将大が7回3失点で3敗目…石井監督「ちょっと(捕手の)太田が逃げすぎたなと」

スポーツ報知
6回1死二塁、ピンチを迎え、マウンド上でナインの話を聞く楽天先発・田中将大

◆パ・リーグ オリックス4―3楽天(15日・ほっと神戸)

 楽天・田中将大投手が先発し、7回6安打3失点で3敗目。自身のオリックス戦の連勝も10で止まり、2010年6月29日以来3973日ぶりの同戦黒星となった。

 初回からテンポ良く投球を展開し、4回1死まで無安打。圧巻の投球を披露し、球数も5回まで59球にまとめていた。しかし2―0の6回。1死から連打を許し一、二塁を迎えると、1ボールから吉田正に左翼席へ逆転3ランを被弾した。

 石井監督は「吉田選手のところに関して言えば、もう少し攻撃的にいっても良かったかなというところもありますかね。ちょっと(捕手の)太田が逃げ過ぎてたなと思います」と指摘した。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請