【ヤクルト】登録抹消の金久保優斗は大事に至らず 高津監督「長引くことはない」

14日の試合の3回1死一塁、京田の打球を受け、ベンチに戻る金久保優斗(右)
14日の試合の3回1死一塁、京田の打球を受け、ベンチに戻る金久保優斗(右)

 ヤクルトの高津臣吾監督は15日、先発した14日の中日戦(バンテリンD)で胸部に打球が直撃し、この日出場選手登録を抹消された金久保について「長引くことはないと思います」と軽傷を強調した。

 球団によると抹消理由は胸部の打撲。指揮官は「骨とかには異常はない。投球できるようになるのがいつかというのを見計らっている。キャッチボールができるのはいつか、というのを今後見ていこうとは思っている」と見通しを明かした。

 右腕は14日の中日戦の3回1死一塁で京田に投じた2球目が投手強襲のライナーとなり、みぞおち付近を直撃。トレーナーに付き添われてベンチ裏へと下がり、治療を受けたが負傷交代。この日の試合前練習には姿がなかった。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請