高橋大輔「やはり歌は慣れないですね…」 「LUXE」で美声を披露

村元哉中(右)とダンスする高橋大輔
村元哉中(右)とダンスする高橋大輔

 フィギュアスケートのアイスショー「LUXE」が15日、横浜アリーナで幕を開けた。2010年バンクーバー五輪銅メダルで、20―21年シーズンからアイスダンスに転向した高橋大輔(関大KFSC)が出演。華麗なスケーティングと美声を披露した。

 今作はアイスダンスのパートナーの村元哉中と田中刑事の現役選手に加え、荒川静香さん、鈴木明子さん、織田信成さん、村上佳菜子さんら豪華スケーターが集結。元宝塚歌劇団星組トップスターの柚希礼音、歌手の平原綾香、福士誠治、波岡一喜、西岡徳馬といった「氷艶2019」の豪華メンバーが名を連ねた。テーマは「世界巡り」。

 高橋は「大変だったこと」について「今回の内容は世界巡りということで、衣装替えも多く大変でした。あとは、やはり歌も慣れないですね。旅行がなかなかできない昨今、このショーを通じて少しでもそれぞれの地域に行った気分になって頂いたのであれば嬉しいです」と振り返った。

 見所についても触れた。「前回の『氷艶2019』のメンバーは本当に仲が良く、また一緒に仕事ができたことが嬉しいです。柚希さんの黒燕尾も見ごたえがありますし、平原さんの歌も最高です。そして俳優の徳馬さん、福士さん、波岡さんの芝居の演技力の凄さ、プロジェクトションマッピングの空間演出、エンターテインメントで活躍される方々、制作技術、そしてフィギュアスケートの融合でまた新しいタイプのスケートショーになったと思います。これからもフィギュアスケートを通じて、皆様に喜んで頂けるものを作っていきたいとお思います」とチームに感謝した。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請