【ロッテ】佐々木朗希が16日デビュー登板に向け最終調整 「いい感覚を維持できたら」

スポーツ報知
最終調整した佐々木朗

 ロッテの佐々木朗希投手が15日、プロ初登板となる16日の西武戦を前にZOZOマリンで最終調整を行った。

 この日はブルペンには入らず、キャッチボールやランニングなどのメニューに取り組んだ佐々木朗は、注目のデビュー戦に向け「ファームでたくさん準備をしてこられた。あとは試合で投げるだけ。きょうもまだ準備が残ってるので万全の準備をして挑みたいなと思ってます」と意気込みを語った。8日のイースタン・楽天戦から中7日。コンディションについては「日に日に感覚もよくなってるので、その感覚、いい感覚を当日まで維持できたらなと思います」と自信ものぞかせた。

 井口資仁監督が目安にしている投球数は85球程度。「先発ピッチャーとして5回までまず投げ切れるように、そういう投球をしたいなと思います」と、西武の強力打線を相手に先発として試合を作ることを目標にマウンドに立つ。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×