【高校野球】ドラフト1位候補の天理・達孝太、5回1失点3奪三振も準優勝に笑顔なし

スポーツ報知
5回から登板し、6安打1失点の天理・達孝太

◆春季奈良県大会 ▽決勝 智弁学園3―1天理(15日・佐藤薬品スタジアム)

 今秋ドラフト1位候補の天理・達孝太投手(3年)が5回から登板し、5回を6安打1失点3奪三振。センバツ準々決勝で左脇腹の違和感を訴え、この日が復帰3戦目だったが、2点ビハインドから追加点を与えて流れを変えることはできなかった。

 日米8球団11人のスカウトが視察する中、マウンドに上がった193センチ右腕。立ち上がり「力んだ部分」があり、投球が安定しない。1死三塁から8番・竹村日向(ひなた)二塁手(3年)に中前適時打を許し、3点目を献上した。「ほぼ勝負が決まったと言っても過言ではない」。痛恨の一球を「最悪」と悔やんだ。

 7回からは調子を上げた。「脱力の感覚が一気に戻ってきた」と、本来の自分を取り戻した。9回まで毎回安打を浴びたものの無失点。この日の最速は145キロで自己記録には3キロ及ばなかったが、ロッテ・三家スカウトは「楽しみがいっぱい詰まっている選手」と期待を寄せた。

 「(100点満点で)10点」と厳しい表情の達。野球人生で「納得できるピッチングは1回もない。しっかり状態を上げていきたい」と満点の投球を夏に披露するつもりだ。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請