【広島】緊急事態宣言期間の主催7試合の前売りチケットは全て有効 ただし球場内はアルコール禁止

スポーツ報知
マツダスタジアム

 広島県が16~31日に緊急事態宣言地域に追加されることを受け、広島球団は15日、該当期間のマツダスタジアムでの主催7試合について、既に入場券を持っている人は観戦できると発表した。

 「販売済みの入場券については有効」との県の対処方針に準じたもの。同球団では、3月に同球場の定員の50%となる1万6500人を上限に主催全試合の入場券を発売し、既に完売している。

 ただし、緊急事態宣言期間は場内飲食売店でのアルコール飲料の販売は終日休止とし、球場内へのアルコール飲料の持ち込みも禁止とする。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請