【西武】高橋光成 初回に1安打3四死球も、2度のリクエスト成功で無失点

西武先発の高橋 光成
西武先発の高橋 光成

◆パ・リーグ ロッテ4―4西武(14日・ZOZO)

 西武・高橋光成投手は7回7安打2失点と好投。5勝目の権利を持ち降板したが、チームが追いつかれ白星は消えた。

 初回、先頭の荻野から安打、四球、死球、四球。点を取られておかしくない状況だった。

 しかし荻野の二盗がリクエストでセーフからアウトに。さらに1死一、二塁、リードの大きかった二塁走者のマーティンを捕手・森が刺したプレーでもセーフからアウトに判定が覆った。この回、3アウト中2アウトがリプレー検証によって判定が覆ったものだった。

 辻監督は「3四死球、1安打で(初回は)0点。(遊撃手の)源田と(森)友哉に感謝しないと」と立ち上がりの改善を求めた。

 高橋は「全体的には調子は良かった。ただ、初回はちょっとさぐりすぎてしまったかなと思います。うまくリズムにも乗ることができていなかった。回を重ねるごとに調子は上がってきて、粘り強く投げることができた。こういう粘って投げ続けられるような試合を増やしていかなければいけないと思っています」と振り返っていた。

試合詳細

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請