【楽天】連勝2でストップ…2敗目の涌井秀章に石井監督は「緩急を使えなかった」

6回、頭を押さえる石井一久監督
6回、頭を押さえる石井一久監督

◆パ・リーグ オリックス9―4楽天(14日・ほっと神戸)

 楽天が序盤から劣勢を強いられ、1分けを挟む連勝は2でストップした。

 先発・涌井は初回先頭・福田、2番・宗に連続二塁打を浴び、先制点を献上。その後も適時打や味方の失策でこの回3点を失った。0―3の2回は2死から福田、宗、吉田正に3連続長短打を放たれ、2点の追加点を許した。移籍後最短の3回6安打5失点(自責4)で2敗目となった。

 2番手・西口は0―5の4回1死満塁から吉田正に犠飛を献上すると、5回は紅林に3ランを被弾。流れを止めることができなかった。

 打線も相手先発・山岡にリズム良く投球を展開され、6回まで1安打のみ。0―9の7回に内田が1号3ランを放ち、3―9の9回は茂木が7号ソロをマークしたが、中盤までの失点が響く形となった。

 2位・ロッテ、3位・ソフトバンクには0・5ゲーム差に縮められた。石井監督は涌井について「緩急という意味では使えなかったかなと思います。立ち上がり1、2番でリズムを作られてしまったので、そこから歯止めをどこできかすのかというのがあって、苦しい投球になってしまった」。また、打線については「(山岡に)それこそうまく緩急を使われて、いいテンポで投げられてしまった」と振り返った。

試合詳細

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請