【巨人】阪神に逆転負け4.5差…1点追う8回1死一塁、2三振の丸佳浩に代打中島宏之も実らず

4回1死、同点ソロ本塁打を放ち歓喜するマルテ(右から2人目)に目を向けず厳しい表情の原辰徳監督(中央)(カメラ・山崎 賢人)
4回1死、同点ソロ本塁打を放ち歓喜するマルテ(右から2人目)に目を向けず厳しい表情の原辰徳監督(中央)(カメラ・山崎 賢人)

 通算1999試合目の伝統の一戦は、2位巨人が首位阪神に逆転で敗れ、ゲーム差が4.5に広がった。1点リードの4回に先発・畠世周投手がマルテの8号ソロと梅野の適時打でひっくり返された。

 先制したが、猛虎の勢いに押し切られた。3回1死満塁で岡本和真内野手の犠牲フライで1点を先取した。

 しかし、畠が直後に2点を奪われた。4回1死からマルテに8号同点ソロを浴びると、なおも1死。黄金ルーキー・佐藤輝に右中間フェンス直撃の二塁打を打たれ、5番・サンズに中前打も許して一、三塁。ロハスから空振り三振を奪ったが。得点圏打率5割2分とリーグトップの梅野に中前に落ちる適時打。阪神ファンのメガホンの音が、観客の戻ってきた東京ドームで打ち鳴らされた。

 1点を追う8回1死一塁では、この日2三振の丸佳浩外野手に代打・中島宏之内野手が送られたが、右飛に倒れた。

映像提供:GIANTS LIVE STREAM
試合詳細

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請