馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中  東京 阪神 札幌

現在進行形(栗東)

 こんにちは、山本です。今日は金曜恒例、梅田の会社からのパッチパチ。から始まって、すでに某所へ移動して、書き続けております。ではでは、早速行ってみましょうか♪

 さて、先ほど「金曜恒例」と書きましたが、会社への出勤となると、実は3週ぶり。本日、色々な理由から電車での出勤だったんですが、今や三宮(神戸の繁華街)にも行けない日々でして、電車に乗ること自体が緊急事態宣言が出る前、恐らく1か月半ぶりだったと思うんです。

 この宣言下、電車はどういう風になっているんだろうと思っている時、ホームに電車が入ってきたんですが、ん?、結構な人込みができてるじゃありませんか。押しくらまんじゅう状態ではさすがになかったけど、昨年の同時期の宣言下の閑散とした車内とは、まるで違って、驚いてしまったんです。この状態ならワタクシも含めた車内にいる方々、正直、コロナ陽性になったとしても、感染経路なんて分からないだろうな、という気持ちも。これだけ陽性者数が増えてくれば、経路の特定は本当に厳しいんだろうなと思っていましたが、その思いを今日の人込みに強くした次第。とはいえ、皆さんには仕事があるワケで、仕方ないんですけどね。ホント、色々なことに気を遣っての生活が続きます。

 ということで、車内でくしゃみが出そうな状態をグッと我慢し続けた苦い記憶を思い出しつつ、そろそろ本題へ。今日は矢作厩舎について、書きたいと思います。

 これまでは今年のラインアップを紹介してきましたが、それはチョイと小休止。矢作調教師から先日の栗東で最新の2歳馬情報を聞いたので、お伝えしたいと思います。しかし、ワタクシも今年はPOG本のお手伝いをさせていただきましたが、当ブログの強みは2歳馬取材会の「その後」を現在進行形で書けること。そんなパッチパチをもう12年も続けております。

 現在の栗東には厩舎で一番乗りとなる【ルージュラテール(牝、父ハーツクライ、母レッドメヂューサ)】が入ってきていますが、こちらは調教が進んできた段階で、また特徴をお伝えすることにします。で、矢作センセイは当ブログもよく目を通してくださるので、こちらが欲しい情報を自ら提供してくれるから本当にありがたい。よく、向こうから切り出してくれるのが「近いうちに入るのは…」という言葉。毎年、非常に豊富なラインアップなので、こうした入厩のメドを教えていただけるのは本当にありがたいんです。

 今回、栗東で近いうちに入厩予定と聞いたのは2頭。まずは【カフジペンタゴン(牡、父ミッキーアイル、母マザーウェル)】です。タイセイトレイルの半弟で、セレクト当歳で5400万円の馬なんですが、春先の取材会では感触が非常によかった。「良くなってきました。母系が母系だし、スプリント色ではなく、マイルなのかな。非常にいい」と口にしていました。両親のスピードとスタミナがバランスよく配合されているんじゃないですかね。当時から早期始動候補でしたが、予定通りの早めの入厩というのも心強いですね。もう一頭は以前にも書いた【エンジェルシリカ(牝、父Dark Angel、母Bravu Anna)】。こちらもトレーナーが良化を感じていた一頭です。

 続いては北海道を予定している組。まずは【タイセイレーヴ(牡、父ロードカナロア、母シェルルージュ)】です。こちらはシュウジデイファーム育成馬で、春先に「馬がとてもよかった」と話していましたね。【アルファロッソ(牝、父ダイワメジャー、母ムーンライトゼファー)】はハナズレジェンドの下になります。今年の豪華ラインアップの中では地味に映るかもしれませんが、今回の取材で「意外にいいぞ」とトレーナーは話していました。

 あとは山田裕仁オーナーの【カミゴェ(牡、父ビッグアーサー、母セブンスハーモニー)】。プロレスファンのワタクシにはオーッと思える馬名です(分かる方だけ分かってください…)。「大きくて、パワータイプという感じ」と短距離路線のイメージです。あとは以前にも書いた【キングエルメス(牡、父ロードカナロア、母ステラリード)】ですが、これは春先の取材に比べると、明らかに感触が上がっているように感じました。最近の上昇度が気になる一頭になってきました。

 そして、入厩予定とは関係ないけど、最後に触れておきましょう。3冠馬コントレイルの弟、【サンセットクラウド(牡、父ディープインパクト、母ロードクロサイト)】です。先日、コントレイルを視察した大山ヒルズで弟も見てきたようです。「やはり、コントレイルより一回り、二回り大きいけど、似てきた感じだね。マイラー体形から上にも横にも伸びて、中距離の体形になってきました」とのこと。これは、いい方向にとらえたい「変化」ですね。そして、注目のデビュー時期に関しては「コントレイルと同じような時期を考えています」とのこと。恐らく夏過ぎ~秋、ターフに姿を現すんじゃないでしょうか。まずは順調ということで、ホッとしています。

 では、ネット限定「厳選馬」をどうぞ。

中京9R・9ヴェルトハイム(狭くなりながらも、立て直して伸びてきた前走に復調の兆し。このメンバーなら決め脚が一枚上)

 続いては馬券王への道 延長戦をどうぞ。

中京1R・2アメイジングライフ(生野助手、松若Jともに「もっと走っていい」と。距離延長でスムーズに先行なら)

東京6R・3ジョーミニスター(前走は窮屈な競馬を強いられた。初戦で差し切った脚をそろそろ)

東京10R・6バイマイサイド(「前走から状態はよくなっていたのに、馬場がこたえましたね」と池江調教師。良馬場で、和田竜Jなら先行策で)

新潟3R・14ルージュイデアル(乗り込みは十分。「ハーツ産駒らしい体で、既走馬相手でも楽しみはある」と友道調教師)

 今日はここまで、また明日です。ではでは

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請