【中日】4回2失点の勝野昌慶「先発の役割を果たせなくて申し訳ないです」 

4回に2点目を許し、肩を落としてベンチに戻る勝野昌慶
4回に2点目を許し、肩を落としてベンチに戻る勝野昌慶

◆JERAセ・リーグ 中日―ヤクルト(14日・バンテリンドーム)

 中日・勝野昌慶投手が4回2失点で降板した。4回1死満塁の第2打席で、代打・福田を送られた右腕は「先発の役割を果たせなくて申し訳ないです」とうなだれた。

 同じような光景が繰り返された。2回1死でオスナに左翼フェンス直撃の二塁打。2死三塁になりサンタナに左前へ先制適時打を献上した。4回も1死からサンタナに左越え二塁打。自身の暴投で2死三塁となってから、またしてもサンタナに中前へはじき返された。

 柳とともにチームトップタイの3勝を挙げていた3年目の勝野。わずか53球で、不本意なままマウンドを降りた。

試合詳細

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請