寄席に支援を! 落語協会、落語芸術協会がクラウドファンディング実施

(左上から時計回りに)上野・鈴本演芸場、新宿末広亭、浅草演芸ホール、池袋演芸場
(左上から時計回りに)上野・鈴本演芸場、新宿末広亭、浅草演芸ホール、池袋演芸場

 コロナ禍で苦境に陥っている寄席を救おうと、落語協会(柳亭市馬会長)、落語芸術協会(春風亭昇太会長)が共同でクラウドファンディングを行うことが13日、分かった。

 都内の4寄席(上野・鈴本演芸場、新宿末広亭、浅草演芸ホール、池袋演芸場)は緊急事態宣言の要請緩和を受け12日から客席50%以下などで再開した。4月25日に緊急事態宣言が発令された際は「無観客開催要請」が実態に即さないと興行を継続した。1日から臨時休業したものの、寄席の決断は注目を浴び大きな反響があった。ただ、昨年も2か月の休業を余儀なくされるなど、寄席の経営は厳しい。関係者によると「昨年度の収入は前年度の3割まで落ちている」と廃業を決断するギリギリのところで踏ん張っているのが現状だ。

 寄席は昔から入場料収入を寄席側と芸人側で半分に分けている。落語家ら出演者は文化庁からの支援があるが、寄席に支援は皆無。楽屋働きする前座を含め、芸人の修業の場であり、“運命共同体”でもある寄席が廃業となると芸人にも死活問題でもあることから、両協会が話し合って決断した。

 木戸銭(入場料)を目安に3000円から支援を募る予定で、目標金額の設定やリターンなど最終調整を行っており、近日中に正式発表する見込み。「今回の件で寄席が注目されている。それを追い風にしたい」(関係者)。寄席の灯を消さないために、粋な芸人が立ち上がった。

 ◆主な芸能界のクラウドファンディング

 ▼ミニシアター 深田晃司、濱口竜介両監督らが発起人。2020年4月13日から5月14日までで3億円を突破した。

 ▼映画「めぐみへの誓い」 北朝鮮による拉致事件を題材にした映画。3500人以上から4600万円を超える支援金を集める。

 ▼劇団四季 緊急事態宣言による公演中止の損失補填(ほてん)のため。1億6600万以上の支援が寄せられた。

 ▼志村けんさん 20年9月29日から同年10月30日まで、故郷の東京都東村山市に設置する銅像の制作費として。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請