瀬古利彦氏 五輪やらせてって言っちゃいけない雰囲気 モスクワの二の舞いになるんじゃないか…独占インタビュー

スポーツ報知

 1984年ロス、88年ソウル五輪男子マラソン代表の瀬古利彦氏(64)=日本陸連マラソン強化戦略プロジェクトリーダー=が13日、都内でスポーツ報知の単独取材に応じ、コロナ禍で懐疑論が根強い今夏の東京五輪への思いを明かした。瀬古氏は東西冷戦によるボイコットで、金メダルが本命視された80年モスクワ五輪に参加できなかった。「走って負けたら悔いは残らないが、走らないで負けるのは悔いが残る。許されるなら五輪をやらせてあげたい」と、選手に心を寄せた。(取材・構成=細野友司、太田涼)

 忘れ得ぬあの日から、もうすぐ41年になる。80年5月24日。日本オリンピック委員会(JOC)がモスクワ五輪不参加を表明。政治に翻弄(ほんろう)され、瀬古氏ら選手たちの“夢”は奪われた。当時は東西冷戦。今回はコロナ禍が世界に、そして五輪に暗い影を落とす。

 瀬古氏「僕たちは皆、出たかった。それを政治の力、“オトナの都合”で、理不尽にね…。走って負けたら悔いは残らない。でも、走らず負けるのは悔いが残る。そして年々、悔しさは増すんですよ。だから今が一番、悔しい。二度と選手をこんな目に遭わせたくはないね」

 白血病を克服して代表権をつかんだ競泳女子の池江璃花子(20)=ルネサンス=にSNSで代表辞退を求めるメッセージが届いた。9日の陸上テスト大会では、国立競技場周辺で反対デモが「中止だ中止!」と叫ぶ声がこだました。「出たい」と言えない空気に、当時と似通ったものを感じる。

 瀬古氏「当時は『五輪に行かせてくれ』というのは、最後の最後で柔道の山下君たちが言いに行ったけど、それまでは言ったらいけない感じだった。今も同じですよ。『五輪やらせて』って言っちゃいけない雰囲気になっている。(41年前の)“二の舞い”になるんじゃないか、って考えてしまう」

 感染対策と、海外から数万人が集う五輪開催。両立に国民の不安が拭えないから懐疑論が根強い。そのはざまで内定選手は苦しみつつも、五輪を信じ準備する。コロナ禍でスポーツの役割、そして社会に与える力は―。

 瀬古氏「選手たちは走るのが仕事。仕事を奪われることほどつらいことはないから、許されるなら五輪をやらせてあげたいと思うよね。今まで一度もスポーツを見て元気をもらったことがない、って人はなかなかいないんじゃないか。苦難を乗り越えて勇気づけるスポーツの力が、免疫力を上げる“心のワクチン”のようになればいい」

 2017年に、東京五輪マラソン代表選考の「MGCシリーズ」を創設した。これまで度々、議論を呼んできた代表選考過程の公平性、透明性を担保。確かな力を備えた男女6選手が切符を手にした。今年2月には、五輪代表を逃した男子の鈴木健吾(25)=富士通=が2時間4分56秒の日本新記録を樹立。次世代の強化が、着実に進む手応えもある。

 瀬古氏「同じことをしていたら、いつまでたっても同じまま。現場の指導者や選手の意識を変えるきっかけになれば、とMGCを始めたんです。選考大会で一発当たれば、ではなくて、3年かけて力を積んでいく。実力のある選手が選ばれたし、五輪も頑張ってほしい」

 今年4月から、芸能界を代表するタレントを数多く抱えるホリプロと契約。今後はメディア出演をはじめ、多様な活動を通して、マラソン界の人気向上へ一生走り続けるつもりでいる。

 瀬古氏「もっともっと、陸上やマラソンのファンを増やしたい。(契約は)その一歩です。人生をマラソンに例えたら、まだまだ15キロ地点くらいかなと思っているからね。活動の幅を広げて、もっと頑張っていきたい」

 ◆1980年モスクワ五輪 前年末に起きたソ連によるアフガニスタン侵攻により、米国をはじめ66か国・地域がボイコットした。日本はエントリー締め切り前日となる5月24日にJOCが不参加を決定。4月21日の緊急会議では、柔道の山下泰裕やレスリングの高田裕司らが涙ながらに参加を訴えたが、小学6年生だった競泳の長崎宏子ら178人の代表内定選手の出場は見送られた。西側諸国では陸上男子1500メートルでセバスチャン・コー(現世界陸連会長)が金メダルを獲得した英国などは独自に出場。一方、84年ロス五輪はソ連など東側諸国が不参加となった。

 ◆瀬古 利彦(せこ・としひこ)1956年7月15日、三重・桑名市生まれ。64歳。四日市工から早大に進学。箱根駅伝では4年連続「花の2区」を走り1年11位、2年2位、3年1位、4年1位。3、4年時は区間新記録(当時)。早大1年から挑んだマラソンでは3年の福岡国際で優勝するなど、エスビー食品時代を含め15戦10勝。五輪は84年ロサンゼルス14位、88年ソウル9位。現在はDeNAエグゼクティブアドバイザーも務める。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請