【大学野球】京都先端科学大が優勝に望みつなぐ 元日本ハム・中島輝士監督「辛抱で頑張ってくれた」 京滋リーグ

7回途中からリリーフした京都先端科学大・浜岡
7回途中からリリーフした京都先端科学大・浜岡

◆京滋大学野球第6節第2日▽京都先端科学大5―3佛教大(13日・滋賀県草津グリーンスタジアム)

 負ければ優勝への望みが消える一戦で、京都先端科学大が意地を見せた。初回に先制を許しながら、その裏、3番・新田大輔(4年・京都翔英)の右前タイムリーで追いつくと、相手のミスを絡めて一興5点を奪い逆転。佛教大の追い上げを受けたが、小刻みな継投で逃げ切った。なお、3回戦は14日に同球場で行われる。

 巨人に育成ドラフト2位で入団した喜多隆介を擁した昨秋は、プレーオフ、しかもタイブレイクで佛教大に敗れた。この日は、“宿敵”の猛追を振り切った。勝利を呼び込んだのは、7回途中からリリーフに立った4番手右腕の浜岡拓海(3年・盈進)。140キロ台の力強いストレートを武器に3イニングを内野安打1夲、4奪三振無失点で投げきった。「力はある選手なのですが、これまで経験があまりなかったんです。でも、佛教大さんを抑えたことは自信になるでしょう。日ごろの準備、努力が実って何よりです」。プロ野球の日本ハム、近鉄でプレー経験のある中島輝士監督(58)が評価した。

 5季ぶりの優勝のためには3回戦も絶対に落とせない。「追加点が取れなかったのは課題ですが、チームの力、粘り、辛抱で頑張ってくれました」と中島監督。この日の勝利を弾みに連勝を狙う。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請