松山弘平騎手が今週から1か月半ぶりの復帰 ヴィクトリアMはサウンドキアラに騎乗

スポーツ報知
松山弘平騎手

 松山弘平騎手(31)=栗東・フリー=が今週末からターフに戻ってくる。JRAでの騎乗はサリオスに騎乗した大阪杯(5着)の4月4日以来。この日は約1か月ぶりに栗東トレセンに来ると、1頭の調教をつけた。「馬に乗るのも久しぶり。レースに乗れば、また気持ちも変わってくるでしょう」と口にした。

 桜花賞、皐月賞ウィークは騎乗停止処分を受け、デアリングタクトと挑んだ香港でのクイーンエリザベス2世Cは3着。「付きっきりで調整してチーム一丸となって臨んだだけに、勝ちたかったですし、悔しいです。ただ、馬は頑張ってくれました」と愛馬を称える。その後はコロナ感染拡大防止の観点から、自宅で待機しながら2週間の隔離期間を過ごした。

 今週は土、日ともに東京で騎乗する。ヴィクトリアマイルでは昨年から手綱を握り続け、重賞3勝を挙げてきたサウンドキアラ(牝6歳、栗東・安達昭夫厩舎、父ディープインパクト)に騎乗する。「1200メートルからのマイルなので折り合いが少し心配なところがありますが、昨年も2着なのでコースは心配していません」。休養前はリーディング争いを演じていたほど、今年は順調に勝ち星を積み重ねてきた。今週から国内で再び存在感を示していく。

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請