【DeNA】今永昇太が術後最長8回を投げて3安打無失点 1軍昇格へ猛アピール

スポーツ報知
今永昇太

◆イースタン・リーグ ロッテ―DeNA(12日・浦和)

 DeNAの今永昇太投手が12日、イースタン・リーグのロッテ戦(浦和)で先発し、今季最長となる8回を投げて、90球で3安打無失点、6奪三振と好投した。猛アピールに成功し、いよいよ1軍での登板が近づいてきた。

 昨年10月に左肩手術を受け、この日が5試合目の登板。4月28日・西武戦(横須賀)で先発し、7回100球を投げてからは、2戦連続で中6日でのマウンドになった。初回から148キロをマークするなど2回まではパーフェクト投球。3、5、6、8回には走者を背負ったが、本塁を踏ませることはなかった。

 この日の投球結果は以下の通り。

 (1)左飛、空三振、中飛

 (2)三ゴ、空三振、空三振

 (3)二直、空三振、遊二、右飛

 (4)二ゴ、二ゴ、中飛

 (5)四球、一併打、右飛

 (6)遊飛、右安、中飛

 (7)見三振、左飛、投ゴ

 (8)右安、見三振、左飛、三ゴ

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請