大谷翔平は渡米後初のリアル三刀流も実らず 投げて7回1失点、打って1安打、8回は右翼守備も敗戦

大谷翔平(ロイター)
大谷翔平(ロイター)

◆米大リーグ アストロズ5―1エンゼルス(11日・ヒューストン=ミニッツメイド・パーク)

 エンゼルスの大谷翔平投手は11日(日本時間12日)、敵地ヒューストンでのアストロズ戦に「2番・投手」で出場した。

 投げては今季最長の7回4安打1失点、今季最多の10奪三振の好投。1―1で同点の8回裏には右翼の守備につき、右前打を処理した。この回、救援陣が打ち込まれ、4点を失った。

 9回にまわってきた第4打席は見逃し三振で、打者としては4打数1安打2三振だった。

 自身も、チームも白星を逃したが、渡米後初のリアル三刀流で、またしてもメジャーの歴史に名を刻んだ。

試合詳細

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請