【オリックス】山本由伸がプロ初の2戦連続黒星、T―岡田は5年ぶり3戦連発も空砲

7回2死一、二塁とピンチのオリックス・山本由伸(左)
7回2死一、二塁とピンチのオリックス・山本由伸(左)

 ◆パ・リーグ 日本ハム2―1オリックス(12日、東京ドーム) 

 オリックス・山本由伸投手は7回4安打2失点の好投も、4敗目を喫した。自身2試合連続の黒星はプロ入り初。「いいボールも多かったと思います。勝負所で制球が甘く入ってしまったことが悔しいし、なんとか最少失点で粘りたかったです」と悔やんだ。

 自己ワーストの10安打を浴びた5日の西武戦(メットライフ)から投球フォームを修正。最速157キロで9三振を奪うなど復調したが、2回に王柏融に先制ソロを浴びて、7回は2死から連打で追加点を許した。

 打線は日本ハム先発の加藤に7回まで無得点。8回、代打のT―岡田外野手が左越えに5年ぶりの3試合連続本塁打となる3号ソロを放ったが、その後の好機を逃した。中嶋監督は「(狙いを)絞りきれなかった。先制できたら展開も違ったけど、それもさせてもらえなかった」と振り返り、好調のT―岡田には「ずっと打ってほしいね、何試合でも」と期待した。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請