【DeNA】3球で先取点献上、3球で好機つぶすもオースティンの6号で同点

スポーツ報知
1回2死、オースティンが左越えに同点ソロを放つ

◆「JERAセ・リーグ」DeNA―巨人(11日・横浜スタジアム)

 DeNAは、0―1で1点を追う1回裏に、オースティンの6号ソロで同点に追いついた。

 立ち上がりの勢いは完全に巨人に傾きかけていた。プレーボール直後。先発の大貫は先頭の梶谷に左翼フェンス直撃の二塁打を許すと、続くウィーラーに右翼フェンス直撃の適時二塁打を浴びてあっさりと先取点を献上した。たった3球で与えた1点だった。

 直後の1回裏。DeNAも負けじと先頭の桑原が戸郷の初球をはじき返して中前安打を放ったが、続く田中俊の2球目で二盗を失敗した。3球で先取点を奪った巨人とは対照的に、3球で好機を逸した。だが、2死走者なしから、オースティンが戸郷の初球、151キロ直球を左翼に運んだ。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請