【巨人】試合開始1分、わずか3球で先制 梶谷隆幸、ウィーラーの連続長打

スポーツ報知
1回無死二塁、右越えに先制となる適時二塁打を放つウィーラー

◆JERAセ・リーグ公式戦 DeNA―巨人(11日・横浜)

 巨人が試合開始1分で先取点を奪った。

 初回先頭の梶谷隆幸外野手(32)が大貫の2球目を打ち返すと、打球は左翼フェンス直撃の二塁打となった。

 さらに、2番に入ったゼラス・ウィーラー内野手(34)は初球の変化球をバットに乗せ、これも右翼フェンス直撃の二塁打。1、2番コンビがわずか3球でスコアボードに「1」を光らせた。

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請