板野友美、笑顔の妊娠報告「初めの時は、ちっちゃい卵ちゃんだった」AKB初代神7で3人目ママに

スポーツ報知

 プロ野球ヤクルトの左腕・高橋奎二投手(23)と1月に結婚した元AKB48の板野友美(29)が10日、第1子を妊娠したことを日本テレビ系バラエティー番組「人生が変わる1分間の深イイ話」(月曜・後9時)で発表した。所属事務所によると、安定期に入っており、今秋に出産予定。今後は体調を見ながら仕事を続けるという。

 番組にゲスト出演していた板野は「私、母になります」とサプライズで発表。白のワンピース姿で「分かるかな?」と少し膨らんだおなかを披露した。

 自身のYouTubeチャンネル「友chube」に動画も投稿。「新たな命を授かりました。本当にうれしいです」と報告した。エコー動画も公開し、「一番初めの時は、本当にちっちゃい卵ちゃんだったのに、毎回の検診で、どんどん大きくなって成長していく姿を見ると、すごく感動しました。このまま健康に育って、無事出産したいです」と笑顔で語った。

 初代「神7」の中では2019年に第1子となる男児を産んだ前田敦子(29)、20年に女児を出産した篠田麻里子(35)に続き、3人目のママとなる。

 板野と高橋は19年の春、共通の友人を通じて出会い、同年6月から1年半の交際期間を経て、今年1月5日にゴールインしていた。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×