【DeNA】自力V消滅阻止へ、11日巨人戦は大貫晋一が先発 2戦連続大量失点KOも「ボールを浮かさないことが一番大事」

スポーツ報知
笑顔でキャッチボールをするDeNA・大貫晋一

 11日の巨人戦(横浜)で先発するDeNAの大貫晋一投手(27)が10日、横浜スタジアムで行われた先発投手練習に参加し、キャッチボールやランニングなどで最終調整した。

 大貫は4月27日の広島戦(マツダ)で3回途中11安打7失点で降板すると、5月4日の中日戦(バンテリンD)でも3回8安打8失点でKO。2試合連続序盤の大量失点でマウンドを降りているが、「コーチとかアナリストの方と話し合って、自分の弱点だったり、うまくいっていない部分を反省した。1個1個しっかりやっていくしかない」と気を引き締め直し、「ボールを浮かさないことが一番大事かなと思いました」と意気込みを口にした。

 巨人戦は今季初の登板。坂本が離脱し、スモークや梶谷が加入するなど昨季から打線は変わっているが「打線で大量得点だったりというのが考えられるので一人一人に自分のピッチングができるように集中していきたい」と警戒していた。

 DeNAは11日から2連敗し、阪神が2連勝すると、自力優勝の可能性が消滅する。ここまで1勝3敗、防御率7・12の右腕に木塚投手コーチは「もう一度チャレンジする姿、このままじゃないぞというのが必要」と奮起を促していた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請