カーリング松村雄太&吉田夕梨花の“兄妹“ペア 混合で北京枠取りへ「つかみに行く」

スポーツ報知
オンラインで取材に応じた松村雄太(右)と吉田夕梨花

 22年北京五輪の出場枠をかけたカーリング混合の世界選手権が17日からスコットランドで開幕する。日本選手権を制し、日本代表となった吉田夕梨花(ロコ・ソラーレ)、松村雄太(コンサドーレ)組が10日、オンラインで取材に応じた。

 今大会では、開催国枠の中国を除いた上位7か国に北京五輪の出場枠が与えられる。松村は「これからチャンスがあるものはつかみに行く。まずは自分たちが成長しながら日本の枠をとってくる」。吉田は「今、自分たちにどれくらいの力があってどれくらい戦えるのか。学ぶことがたくさんあると思うので、たくさん収穫していきたい」と意気込んだ。

 松村にとって、吉田は義理の妹にあたる。松村の妻が吉田の一番上の姉であり、その妻からは「『2人だから楽しめることがたくさんあるからいいね』と言われている。(夕梨花と組んで)やっている強みは楽しめること。そこは妻からも大事にしたほうがいいとは言われています」と明かした。

 北京五輪出場を決めるためには、世界選手権の先に控える、9月の代表決定戦(北海道・稚内市)も勝たなければならない。松村は「代表決定戦は、新しいスタートになると思う。まずは目の前の大会に集中することが大事」と、力を込めた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請