【楽天】早川隆久、母の教え「本を読みなさい」で4勝 「ダルビッシュ有の変化球バイブル」も読破

5回1死、宇佐見の打球にジャンプする早川(カメラ・池内 雅彦)
5回1死、宇佐見の打球にジャンプする早川(カメラ・池内 雅彦)
早川(楽天)の今季投手成績
早川(楽天)の今季投手成績

◆パ・リーグ 日本ハム3ー6楽天(9日・札幌ドーム)

 楽天のドラフト1位・早川が5回6安打2失点でリーグトップタイの4勝目を挙げた。また、守護神・松井は1回を無安打無失点で史上16人目となる通算150セーブを達成。25歳6か月で最年少の到達となった。両左腕の力投でチームは引き分けを挟む連敗を3でストップ。首位を守った。

 母への感謝を込めて腕を振った。早川が5回6安打2失点で同僚の涌井、西武・高橋に並ぶリーグトップの4勝目。日本ハム相手にはこれで3戦3勝と好相性ぶりを示した。「チームが勝つことができて良かったなということが第一。母の日なので、頑張りました」。試合後はナインとハイタッチを交わすと、150セーブを達成した松井に笑顔で記念球を渡した。

 試合前まで被打率3割4分だった左打者が6人並んだ相手打線。「真っすぐは良かった」と最速150キロの直球を中心にカットボールなども交え、踏ん張った。4回こそ2点を失ったが、要所を締める投球。味方が逆転した直後の3―2の5回は2死二塁のピンチで杉谷を147キロ直球で二飛に斬り、役目を終えた。

 現在の投球には、母・優子さんの支えも生きている。少年時代から「ダルビッシュ有の変化球バイブル」など、何冊も本を購入してくれた。中学時代に渡された変化球の本には前田健太のスライダーに関するページがあり、参考にした記憶もある。「本を読みなさい」という教えもあり、野球以外の書籍も読み込む習慣は根付いている。

 母の日のプレゼントには、「お母さんはお花が好きなので」と2人の姉と一緒に、生け花が咲くトトロの植木鉢を贈った。「つらい時もうれしい時も一緒に分かち合いながらも、野球選手はつらい時の方が多い。そういう中でも支えてくれたからこそ、ここまで来られているので、感謝したい」と思いは尽きない。

 コツコツと白星を積み上げ、チームに貢献するドラ1。「変わらず、勝ちにこだわって投球していければと思います」。力投で勝利へ導いた姿も、母への大きなプレゼントとなったはずだ。(田中 哲)

試合詳細
5回1死、宇佐見の打球にジャンプする早川(カメラ・池内 雅彦)
早川(楽天)の今季投手成績
すべての写真を見る 2枚

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請