【大学野球】福島大が7勝目…石巻専大、日大工学部と3校が同率首位に並ぶ大混戦

8回2死一、二塁から勝ち越しの右越え2点適時三塁打を放つ福島大・白崎
8回2死一、二塁から勝ち越しの右越え2点適時三塁打を放つ福島大・白崎

◆南東北大学野球 第5週第1日 福島大4―1石巻専大(8日、いわきグリーン)

 福島大が3番・白崎哲平中堅手(3年)=仙台三高=の勝ち越し打などで、単独首位だった石巻専大を4―1で破った。残り1試合となり、日大工学部を含めた3校が7勝2敗で同率首位に並ぶ大混戦。9日の最終戦の結果によっては、優勝決定戦までもつれる可能性が出てきた。

 ベンチにいる仲間たちの笑顔に応えるように、ベース上で右手を力強く突き上げた。1―1の8回2死一、二塁から、福島大・白崎が右翼手の頭上を越える2点適時三塁打だ。会心の一打を「メチャクチャ気持ち良かったです」と振り返った白崎は、「自分一人の力ではなく、データを集めてくれたり伝えてくれたみんなのおかげです」と感謝。チームも石巻専大に4―1で勝ち、首位に並んだ。

 昨秋は全10試合に出場も、打率1割3分2厘と不調だった。冬場は動画を見たりして自分自身を分析し、上体が前に突っ込む癖を修正。この日は3打数1安打、今季はここまで打率4割6分2厘と主軸の役割を十分に果たしている。9日の最終戦で勝つと、日大工学部が勝てば優勝決定戦となり、負ければ優勝が決まる。「苦しい試合になると思うけどしっかり我慢して、少ないチャンスをものにできればいい」と意気込んだ白崎。相手に関係なく、まずは白星をつかむことに全力を注ぐ。(有吉 広紀)

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請