【大学野球】近畿学生野球リーグ、上位4校で19日から再開

 緊急事態宣言発出に伴い、4月28日から中断している近畿学生野球リーグが、現時点の上位4校だけで試合を再開し、全日本大学野球選手権(6月7~13日・神宮、東京D=報知新聞社後援)の出場校を決める方針を固めたことが8日、分かった。

 第4節を終え、和歌山大がポイント21で首位。奈良学園大と阪南大が同18、大阪市大が同15で追う。19、20日に和歌山大と奈良学園大、阪南大と大阪市大が2連戦を行う。優勝が決まらない場合は24日にプレーオフを実施する。現在、ポイント12で5位の神戸大も優勝の可能性を残すが、大学の了解を得た上で、上位4校に限定した。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請