陸上・新谷仁美、五輪ワクチンの選手“優先接種”に持論「おかしな話。どの命も平等」

新谷仁美
新谷仁美

 陸上の東京五輪テスト大会(9日、国立競技場)に臨む有力選手が8日、オンラインで会見し、女子1万メートル代表内定の新谷仁美(33)=積水化学=が、新型コロナウイルスのワクチン接種について持論を展開した。

 国際オリンピック委員会(IOC)が6日に各国・地域の選手団向けに米製薬大手ファイザー製のワクチンを提供すると表明。国内では医療従事者や高齢者への接種が完了せず、五輪選手の“優先接種”として賛否を呼んでいる。新谷は「アスリートだけが特別という形で聞こえてしまうのが非常に残念。どの命にも大きい、小さいは全くない。アスリート、五輪選手だけはおかしな話。優先順位をつけること自体おかしな話だと思う。どの命も平等に守らないといけない」と指摘した。

 IOCはワクチン接種を推奨しつつも、義務化はしていない。接種希望について、日本オリンピック委員会(JOC)の山下泰裕会長は「当然本人の意思は尊重されるべき」と強調する。新谷は接種についても問われ「自分が打たないことで周りに危険が及ぶなら打つけど、打ったことでの症状(副反応)は正直、恐怖もある。どう出るか分からないので打ちたくない気持ちはある」と本音を吐露した。

 今大会は5000メートルに出場。14分53秒22(福士加代子=05年)の日本記録更新が目標だ。コロナ下で五輪開催自体にも懐疑論が根強い中で「普段応援してくれる人だけでなく、ネガティブに思っている方の気持ちにも、両方に寄り添える形で競技を進めたい」と熱を込めた。(細野 友司)

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請