笠井信輔氏「間違ってます!池江選手への『辞退要請』」「そんなお願いはしないで」

笠井信輔アナウンサー
笠井信輔アナウンサー

 ステージ4の悪性リンパ腫から復帰した元フジテレビでフリーの笠井信輔アナウンサー(58)が8日、競泳・池江璃花子のSNSに「出場辞退」「開催反対の声を上げて欲しい」といった声が寄せられていることに「間違っています!」「そんなお願いはしないで」と自身のインスタグラムで訴えた。

 笠井氏は「なんとも悲しいニュースです」とつづり「このコロナの感染状況の中でオリンピックの中止を望む声があるのはわかります。しかし、その声にどう対応するのかは、主催者側の仕事です」と力説。そして「それを選手に向けるのは間違っています。皆さん、どれだけの努力をして、一年間延期になった間も諦めずに、モチベーションを保ち続けてここまで頑張ってきたのか。ほとんどの選手は、『オリンピックをやってください』とは言ってはいません。無観客で、誰も見に来ない会場で戦うことがわかっても、不平不満を述べる選手もいません。開催されれば全力を尽くす、試合に勝って目標を達成する、コロナでくじけそうな日本人を元気付ける。様々な個人個人の目標で今日、この瞬間も努力し続けています」と記した。

 自身と池江はともに、突然の病魔を乗り越えてきた。「白血病で1年間と言う長い時間、厳しい治療を耐え抜いた池江さん。池江さんは、どれだけの困難を乗り越えてオリンピックの代表選手に選ばれたのか? 普通、絶対無理です。でもそれを池江さんは、やってのけたのです。私たちがんサバイバーの希望の星です。池江さんが、影響力がある選手だからと言うだけで、そんなお願いは、しないでください」と訴えた。

 そして「選手にオリンピック出場を辞退してほしいとお願いするのは、やはり間違っていると思います。政治家の皆さんやオリンピック委員会に申し入れをしてください。皆さんの力で署名運動などをしてください。今回のニュースで、そんな方法があったのかと逆に気づいた人もいるかもしれませんが、決してアスリートのみなさんに『オリンピック開催に反対してほしい』と言うお願いをしないでほしいのです。心からお願いします」と結んでいた。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請