【京都新聞杯】重賞初制覇のレッドジェネシス 川田将雅騎手「ダービーでもいい走りを」

スポーツ報知
ダービー出走への賞金加算に成功したレッドジェネシス(右)

◆第69回京都新聞杯・G2(5月8日、中京競馬場・芝2200メートル=良)

 賞金加算で日本ダービー(5月30日、東京・芝2400メートル)出走も視野に入る3歳重賞は、川田将雅騎手とコンビを組んだ3番人気のレッドジェネシス(牡3歳、栗東・友道康夫厩舎、父ディープインパクト)が重賞初制覇を飾った。同じ友道厩舎に所属する1番人気のルペルカーリア(福永祐一騎手)をゴール手前でとらえて、3/4馬身差で勝利。友道厩舎のワンツー決着となった。勝ち時計は2分11秒5。

 さらに3/4馬身差の3着には、後方から追い込んできた2番人気のマカオンドール(浜中俊騎手)が続いた。

 川田将雅騎手(レッドジェネシス=1着)「ゲートを出て他馬が速かったですし、自分のリズムをキープしながら、この流れなら追いかけなくていいなと思いながら、1コーナーに入って行きました。道中のリズムも良かったですし、直線に入った時には届くなと思えるぐらい雰囲気が良かったです。レースの流れ的に前は苦しくなりますので、あとはルペルカーリアをつかまえるだけという思いで直線を向きました。距離が長い方がこの馬にとっては競馬がしやすくなります。いろんな形の競馬で結果を出してくれて、とても偉いなと思います。区切りの1600勝を大きなところで迎えることができて、非常にありがたく思います。毎回、自分が求められる走りをしっかりしてくれますし、今日もこうして勝ち切ることもできました。自分でダービーの権利をもぎ取りました。毎回、期待以上に頑張るこの馬が、ダービーでもいい走りをできるようにと思います」

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請