池江璃花子、「五輪辞退して」コメントに反応 「私は何も変えることができません」

池江璃花子
池江璃花子

  競泳の東京五輪代表・池江璃花子(20)=ルネサンス=が7日、長文のツイッターを投稿し、コロナ禍に揺れる五輪への思いをつづった。

 自身のSNSに五輪反対派から「辞退して」「反対に声をあげて」などのコメントが寄せられていることを明かした上で「私たちアスリートはオリンピックに出るため、ずっと頑張ってきました。ですが、今このコロナ禍でオリンピックの中止を求める声が多いことは仕方なく、当然の事だと思っています。私も他の選手もきっとオリンピックがあってもなくても、決まったことは受け入れ、やるならもちろん全力で、ないなら次に向けて、頑張るだけ」などと記した。

 池江は白血病を克服し、4月の日本選手権で4冠を達成。400メートルリレーと400メートルメドレーリレーのメンバーとして、東京五輪の代表権を勝ち取っていた。「正直、今日は非常に心を痛めたメッセージもありました」と率直に吐露。「私に反対の声を求めても、私は何も変えることができません」「わたしに限らず、頑張っている選手をどんな状況になっても暖かく(原文ママ)見守っていてほしい」と結ぶと、ファンからは「頑張って下さい」「気にしないで」などの激励ツイートが多数寄せられた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請