【巨人】痛恨の逆転負けに原監督「リズムを引き込むことができなかった」

引き揚げる原辰徳監督
引き揚げる原辰徳監督

◆JERAセ・リーグ 巨人4―6ヤクルト(7日・東京D)

  主導権を握った序盤でたたみかけることができず、終盤で競り負けた。

 ポイントとなったのは、2点リード3回。梶谷、坂本、ウィーラーで無死満塁の大チャンスを作るも、岡本の右犠飛で三塁を狙った二塁走者の坂本がタッチアウト。スモーク四球のあと丸が三振に倒れ、結局1点しか奪うことができなかった。

 原監督は「無死満塁で4、5、6番で1点というところがね。リズムを引き込むことができなかったというところはあるでしょう」と振り返った。

映像提供:GIANTS LIVE STREAM
試合詳細

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請