【楽天】涌井秀章がまさかの6失点炎上で今季初黒星 石井一久監督「ロースコアのゲームをしないといけない日だった」

6回6失点で降板した涌井秀章
6回6失点で降板した涌井秀章

◆日本ハム6―1楽天(7日・札幌ドーム)

 楽天は1―6でカード初戦を落とした。先発した涌井秀章投手(34)が6回8安打6失点と炎上。開幕から続いていた連勝も「4」で止まり、今季初黒星を喫した。石井一久監督(47)は「(涌井は)ボールが真ん中に集まっていたかなと思います。5、6点取れる時もあれば、1点しか取れない時もある。今日はロースコアのゲームをしないといけない日だった」と総括した。

 試合前までリーグトップ4勝、防御率1・51と抜群の安定感を示していたベテラン右腕が、この日は別人だった。3回2死から杉谷にシンカーを右翼席に運ばれた。のべ178人目で今季初被弾。ハムのムードメーカーに一発を許しペースを握られた。

 直後の4回に島内の中越えソロで同点に追いついてもらったが、その裏の攻撃で勝ち越されたがことが響いた。先頭の近藤に左前打で出塁されると、1死から王柏融の右翼線二塁打で二、三塁のピンチを招いた。ここで迎えた打者は大田。内野陣前進守備のシフトは敷かず、カーブでタイミングを外しボテボテのゴロに打ち取ったが、三塁走者・近藤が生還し勝ち越し点を献上した。

 結果的にはこの1点のダメージが大きかったが、指揮官は「(点を取られても)1点差のままで詰めていけば(と思っていた)。あそこで前進守備をして、3点目をあげる方がウチ的には痛かった。一番いいのは0に抑えること。次は1点で抑えること。2点取れられることが最悪なので」と説明した。

 涌井は5回には横浜高の後輩・万波に左翼フェンス直撃の二塁打を許し、続く宇佐見の犠打で1死三塁。続く杉谷にスクイズを決められ3点目を失った。さらに6回にも4安打を集められ3失点。涌井はこの回限りでマウンドを降りた。

 石井監督は「バッテリーとしてもう少し、危険察知能力というか、リスクヘッジというところをできれば、もう少し防げるところもあったと思う」と指摘。この日の反省を生かし、次戦で巻き返しを図る。

試合詳細

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請