紀州、あと1人から追いつき延長逆転サヨナラ勝利でG杯見えた!…2021和歌山県中学硬式野球選手権大会

タイブレークで逆転サヨナラ勝ちし、歓喜の紀州ナイン
タイブレークで逆転サヨナラ勝ちし、歓喜の紀州ナイン

◆2021和歌山県中学硬式野球選手権大会 ◇中学生の部 ▽代表決定戦 紀州ボーイズ5ー4紀州由良シニア=8回タイブレーク=(1~4日・紀三井寺公園野球場ほか)

 「2021和歌山県中学硬式野球選手権大会」は4日、代表決定戦が行われ、紀州ボーイズが激戦を制した。7月3日に奈良県代表チームと本大会出場を懸けて戦う。

 劇的な幕切れだった。タイブレークの8回1死満塁。紀州・山崎の打球が中前に抜けた瞬間、歓喜のナインが一斉にグラウンドになだれ込んだ。激戦を制し、山崎は「心強い打者(根来)が次にいたので気楽にいこうと。みんなで団結しながら、いい雰囲気でやれた」と満足そうに振り返った。

 絶体絶命だった。先発・金田が7回2失点に抑えたが、打線は6回まで3安打1得点。7回も2者連続三振に倒れ、ゲームセットまであと一人だった。だが、9番・白木の打球は強風にも助けられ、右中間への幸運な二塁打。続く井口が「白木がつないで、二塁までいってくれたので『絶対かえしてやる』という気持ちだった」と左翼へ起死回生の同点打。土壇場で試合を振り出しに戻した。

 タイブレークの延長8回も2点を許したが、その裏、1点を返し、4番・高津が右前適時打。再び追いつき、チーム一丸で逆転サヨナラ劇を呼び込んだ。山西主将は「こんな試合は何回もやって逆転したり、なんかツイているなと言われてて。焦ることはなかった」。金田も「絶対逆転してくれると信じていた」と笑顔を浮かべた。

 3月の春季全国大会では初の4強入り。玉田監督も「(全国大会は)うちのチーム力以上のチームに勝てたのが大きかった。それも一人が活躍したのでなく、チーム全員で」と、選手たちの成長をたたえた。勢いに乗ったチームは決勝も快勝。和歌山県の頂点に輝き、7月の地区代表決定戦に臨む。今後の目標について、山崎は「ジャイアンツカップで日本一」と言えば、山西主将も「全国制覇」。紀州ナインの思いが、また重なった。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請