重賞3勝のデンコウアンジュが現役引退 三嶋牧場で繁殖入り

スポーツ報知
デンコウアンジュ

 JRAは7日、重賞3勝のデンコウアンジュ(牝8歳、栗東・荒川義之厩舎、父メイショウサムソン)が同日付で競走馬登録を抹消したことを発表した。

 同馬は15年10月にデビュー。2戦目で初勝利を収めると、続くアルテミスSで重賞初制覇を飾った。それ以後は勝利から遠ざかっていたが、11番人気だった17年ヴィクトリアマイルでは2着に好走するなど重賞戦線で活躍。19年4月の福島牝馬では柴田善臣騎手とのコンビで3年半ぶりの勝利を飾ると、20年初戦となった愛知杯も同タッグで制した。4月24日の福島牝馬Sにも出走予定だったが、両後肢の違和感のため出走を回避していた。通算成績は39戦4勝(重賞3勝)。獲得賞金は2億2509万円。今後は北海道浦河町の三嶋牧場で繁殖入りする。

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請