白鵬、夏場所休場が決定…横綱の6場所連続休場は3位タイ

白鵬
白鵬

 日本相撲協会は7日、大相撲夏場所(9日初日、東京・両国国技館)の取組編成会議を開き、初日と2日目の取組を決めた。12年秋場所以来となる番付上の一人横綱となった白鵬(36)=宮城野=は初日の取組に入らず、6場所連続の休場が決まった。

 白鵬は右膝の故障が悪化し、春場所を3日目から休場。名古屋場所(7月4日初日・ドルフィンズアリーナ)に進退を懸ける意向を示していた。

 横綱の連続休場場所数は、年6場所制になった1958年以降では8場所の稀勢の里(17年夏~18年名古屋)が最多で、次いで貴乃花が7場所(01年名~02年名)。白鵬の6場所は柏戸(64年夏~65年春)、北の湖(82年九州~83年秋)、武蔵丸(02年九州~03年秋)の3人と並び3位の記録となった。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請