【巨人】坂本勇人 母の日ピンク! 天国の母へ感謝と勝利を 用具に普段使用できない色が史上初解禁

スポーツ報知
巨人の坂本勇人内野手が9日の母の日で着用するアイテム(アディダス社提供)

 巨人の坂本勇人内野手(32)が9日の母の日(ヤクルト戦・東京D)でピンク色のアイテムを着用することが6日、分かった。

 今年の母の日は「NPBマザーズデー2021」として、普段は使用できないピンク色の用具使用がプロ野球史上初めて許可されている。坂本は「アディゼロ スタビル」という名称のピンク基調のスパイクや、「Mother’S Day」と刺しゅうの入った革手袋とリストバンドなどを身につけて一戦に臨む。

 用具には、契約を結ぶアディダス社の「幸せ、思いやりなどを表すピンク色と純粋、素直などを表す白色。そんな2色を組み合わせてデザインされ、母の日用に開発した特別なアイテム。母の日は改めて感謝の意を込め、特別な思いでプレーしてほしいと思います」という願いが込められている。

 天国の母へ勝利の一打を届ける。入団1年目の07年に病のため実母・輝美さん(享年47)を亡くしたが、3年目の母の日は逆転2ランをマークするなど活躍を見せてきた。出場した母の日では現在、6戦連続安打中(20年は試合なし、15年は出場なし)で通算47打数13安打、打率2割7分7厘の好成績を残している。今年もやってくれるに違いない。

 開幕から好調でここまで打率2割8分1厘、チームトップタイの5本塁打をマークしているが、「(自身の状態は)すごくいいなあとは思いません。その日の感覚を大事にして1本でも多く打ちたい」と納得はしていない。母の日の一戦の前に、まずは7日のヤクルト戦(東京D)が待つ。先発予定のスアレスとの対戦へ向け「いい投手なので、簡単には点は取れないと思いますが、チーム全員で力を合わせて点を取りにいきます」と気合十分だ。

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請