【高校野球】花巻農が県大会出場 昨秋と同じ1回戦負けから敗者復活

県大会出場を決め、笑顔でベンチに戻る花巻農ナイン
県大会出場を決め、笑顔でベンチに戻る花巻農ナイン
7回2死満塁で三塁強襲の適時打を放つ花巻農・遠藤
7回2死満塁で三塁強襲の適時打を放つ花巻農・遠藤

◆高校野球春季岩手県大会花巻地区予選▽敗者復活代表決定戦 花巻農6-4遠野(5日・花巻)

 岩手県花巻地区の敗者復活代表決定戦で、昨秋県4強の花巻農が遠野に6―4で勝利。初戦で敗れた相手に雪辱し、地区最後の県大会(14日開幕、一関ほか)出場切符をつかんだ。

 雪辱を果たして県大会出場を決めた花巻農の選手たちは、スタンドからの拍手を浴びながら笑顔でベンチへ引き上げていった。地区1回戦で敗れた遠野に6―4でリベンジ勝利。打っては4番として7回2死二、三塁で三塁強襲の適時内野安打、投げては8回から3番手で登板し2回を3奪三振無失点と、投打で活躍した遠藤悠音(はると)右翼手兼投手(3年)は「(初戦に負けて)追い込まれていたから勝ててうれしい。ホッとしました」と話した。

 昨秋はこの日先発したエース左腕・藤原奏良(そら、3年)の粘り強い投球などで県大会4強入り。だが今春は地区1回戦でわずか2安打に抑えられ、遠野に0―1で惜敗した。「油断があったかもしれない」と振り返った遠藤だが、「(昨秋も)ここからはい上がった」。

 実は昨秋も地区1回戦負けし、敗者復活戦から勝ち上がっていた。今大会も敗者復活2回戦・花北青雲戦では、4―7でむかえた9回に6得点して逆転勝ち。この日の一戦も2度1点差まで迫られながら逃げ切った。佐々木貴大監督は「去年の秋は(県内で)一番公式戦が多く戦えた。その経験が生きているのかな」と、選手たちの粘りをたたえた。

 県大会に向けて、指揮官は「冬場やってきたことをいつでも出せるようにさせたい」と決意。遠藤は「チームみんなで、総合力で勝ち上がっていく」と力強く語った。県大会でも昨秋の再現となる快進撃を目指し、一丸となって戦う。(有吉 広紀)

県大会出場を決め、笑顔でベンチに戻る花巻農ナイン
7回2死満塁で三塁強襲の適時打を放つ花巻農・遠藤
すべての写真を見る 2枚

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請