楽天・三木谷浩史会長、ワクチン接種で提言「この状況下なぜ国内治験に3ヶ月もかけるのか、意味がわからない」

楽天グループの三木谷浩史会長兼社長
楽天グループの三木谷浩史会長兼社長

 楽天グループの三木谷浩史会長兼社長が5日、自身のツイッターを更新した。

 三木谷氏は、新型コロナウイルスのワクチン接種について連続ツイートで提言した。ツイッターで「厚生労働省のワクチンの国内治験で何のデータ、数値をエンドポイントにしているのか?海外でこれだけ日本人、アジア人が摂取している中、何を見たいのか?他国に比べて3ヶ月以上遅れている。承認が1日遅れると、それだけ死者が増える」と指摘し「俺にはこの状況下なぜ国内治験に3ヶ月もかけるのか、意味がわからない。その上、日本独自のフォーマットで承認書類の提出を求めている。この点に関しては、局長通達で縛っているだけなので、日経の報道の法改正が必要だと言うのは言い訳だ」とつづった。

 さらに「世界はワクチンの取り合い。ファイザー、モデルナで足りないことを想定しなければならない。そうなった場合に備えて、血栓リスクと救える命の数を比較した上で、他の2社も早期承認を検討するべき。何十万件に一人、二人の血栓などの副反応を数百人の国内治験しても統計学的には意味ない」と指摘。また、フォロワーのコメントをリツイートする形で「打つか打たないかは、個人の判断。これはもはやVirusとの戦争。変異株も含めて、簡単には消えないとなるとあらゆるケースに備えなければならない」と提言していた。

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請