ラグビー日本代表が6月に限定復活のサンウルブズと強化マッチ 19年W杯以降、初の試合

 
 

 日本ラグビー協会は6日、静岡エコパスタジアムで6月12日に行う日本代表強化試合の対戦相手に、昨年解散した日本代表強化チーム「サンウルブズ」を発表した。南半球のスーパーラグビーに日本代表強化の一環として参戦していたサンウルブズは昨年に契約満了を持って解散したが、この試合に備えて特別に再編成され、日本代表が4強入りを目指す23年フランスW杯への“露払い”を務めることになった。ヘッドコーチ(HC)には大久保直弥氏が就き、メンバーや強化合宿の日程などは5月中旬以降に発表する予定とした。

 日本代表は6月26日に、スコットランド・エディンバラで、4年に一度、イングランド、スコットランド、ウェールズ、アイルランドの4チームから選抜されるドリームチーム「ブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズ」と対戦を控えており、外国選手を含むトップリーガーらの力を結集したチームとの強化マッチとなりそうだ。

 コロナ禍で活動凍結を余儀なくされた日本代表は、試合は史上初8強入りを果たした19年W杯の決勝トーナメント1回戦(10月20日)以来。日本代表のジェイミー・ジョセフHCは日本協会を通じて以下のようにコメントを寄せた。

 「代表活動再開後初めてとなる試合を、ワールドカップの開催地だった静岡で、日本ラグビーに多大な貢献をしてきたサンウルブズと戦えることを、とても嬉しく思っています。本試合の実現に向けてご支援いただいた皆様、そして試合を楽しみにお待ちいただいているファンの皆様に、感謝申し上げます。本試合は日本代表にとって、世紀の一戦となるブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズ戦に向けた貴重な強化試合となります。今回この試合のために特別に編成されるサンウルブズとの対戦が非常に見どころの多い1戦となることは間違いありません。試合に出場する選手達にぜひご注目の上、応援くださいますようお願いいたします」

 ▼サンウルブズの大久保直弥HCの話「このたび、日本代表の対戦相手としてサンウルブズを再結成し、ジェイミー・ジョセフHC率いる日本代表と6月12日静岡にて強化試合を戦えますことを、とても楽しみにしています。2020年に解散したサンウルブズは、日本代表強化のために発足したチームであり、今回もその大きな理念に基づき、世紀の一戦を控えた日本代表強化のために貢献できますことを、嬉しく思います。本試合のためのみに再編成されるサンウルブズとなりますが、国内最強のメンバーを集めてチームを作り、熱い気持ちで日本代表を迎え撃ちます。今後スタッフ、メンバーの選定を行った上で、6月初旬からの合宿を予定しており、詳細は決定次第改めて発表いたします。千載一遇のサンウルブズの登場を是非お楽しみください」

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請