WBA王者・京口紘人が高山勝成―ソト戦を分析 王者有利と予想

京口紘人
京口紘人

 プロボクシングWBA世界ライトフライ級(48・9キロ以下)スーパー王者・京口紘人(27)=ワタナベ=が6日、音声配信サービス「NowVoice」で、8日(日本時間9日)に米国テキサス州アーリントンで行われるWBO世界同級王者エルウィン・ソト(24)=メキシコ=と高山勝成(37)=寝屋川石田=の試合展開で、王者有利と予想した。

 京口は「ソト選手はマッチルーム(英国の大手興行会社)と契約した初戦で、アピールしたい気持ちもある。良い状態に仕上げてくると思う」としたうえで「高山選手は準備期間が少ないのでは? 自分自身の底上げしかできない。ソト選手が優勢だと思う」と話した。

 ソトについては「年齢も若くて、勢いのある選手。好戦的でフックを多様するフッカー。パンチ力もあるし、フィジカルもある」と分析。一方、高山については「機動力を生かした、スピードのある、手数豊富なスタミナのある選手という印象」とした。今回のリングは通常よりも小さいという情報があると明かしたうえで、「リングが小さいと、アウトボクサーには機動力を生かせない。高山選手の機動力が半減する」などと警戒。最終的にソトの「大差判定勝ち」と予想した。

 他団体とのベルト統一も目標の一つにしている京口は「タイトルを保持する選手と対戦する可能性がある。皆さんも楽しみにしてもらいたい」と呼びかけていた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請