飛び込みW杯陽性者ゼロも「全ての人がルール守るのは難しかった」と国際水連関係者

飛び込みW杯
飛び込みW杯

◆飛び込み W杯東京大会兼東京五輪最終予選 最終日(6日、東京アクアティクスセンター)

 東京五輪のテストを兼ねた大会が最終日を迎えた。46の国、地域から225選手がエントリーし、外部との接触を断つ「バブル」を形成し、無観客で開催。選手には1日おきに全員にコロナ検査を実施し、現時点では感染者は出なかった。

 初日の練習中に、飛び込み台周辺に選手の密集状態が発生。試合中もスタンドから大きな声援が飛んだり、選手やコーチがハグする場面も頻繁に見られた。FINA(国際水連)の広報責任者は「選手はルールを守ろうとしてくれていたが、スポーツをしていると当然起きることを全ての人に守ってもらうことは難しかった」と振り返った。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請