【藤原義雄の南紀直送便】理想のウキは見やすく操作性良く美しく頑丈

スポーツ報知
藤原ウキの定番「スーパーウエポン」

 ウキはグレ釣りにとってなくてはならない存在で、私の本業もウキ作りだ。ウキを試作するときは本当に面白くて「ここを削ると、こうなるんじゃないかな」なんて想像しながらワクワクしている。

 先日、「デコポン」というウキを試作した。まだ正式な形は決まっておらず、名前も仮称。イメージは、果物の「デコポン」を想像してほしい。沈めずに使うため、ウキを見て微妙なアタリが取れるよう工夫した。トップ部にオレンジ色を多く塗って視認性を上げ、さらにトップ部をそぎ落として安定を図った。

 私が考案したゼロスルスル釣法に対応し、より釣りやすくしてくれるウキが、定番の「藤原ウキ スーパーウエポン」だ。通常とは違ってトップ部を1.3ミリへこませ、そこで潮を受けるのが特徴。ゼロスルスルは、道糸を張らず緩めず、ゆっくりとウキを沈める釣法だ。道糸を緩めっぱなしではアタリが出にくく潮にも乗れず、仕掛けがあらぬ方向に行ってしまう。だから仕掛けを適度に張るのだが、普通のウキだと浮き上がってしまう。スーパーウエポンなら道糸を張ってもトップ部で潮を受けて浮き上がらず、仕掛けの張りをキープできるのでアタリが明確に伝わるのだ。

 スーパーウエポンは、潜る速度による揺れを抑えるためにトップ部の形状を何度も替え、今の形にたどり着いた。しかし、100%完璧なウキなど存在しない。毎年変化する気候や海況に合わせて、これからも進化させていく。

 私にとって理想のウキとは、見やすく頑丈で操作性が良く美しいこと。ウキは、釣果を左右するほど大切な役割を持つ。ウキに命を吹き込みたい―そう思いながら日々、製作に励んでいる。

 ※毎月第一木曜日に掲載。

ライフ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請