【DeNA】三浦大輔監督代打ズバリ2年ぶり3カード連続勝ち越し「この波に乗っていけるように」

スポーツ報知
7回2死満塁、代打・桑原の適時打で生還した佐野〈7〉を迎える三浦監督(カメラ・馬場 秀則)

◆JERAセ・リーグ 中日0―4DeNA(5日・バンテリンドーム)

 ベンチからでもヒーローになれる。三浦大輔監督の采配が光り、DeNAが2年ぶりの3カード連続勝ち越しを決めた。両チーム無得点の7回2死満塁、6回無失点と好投していた浜口に代打・桑原を送った。右前への2点適時打で待望の先制点をもぎ取ると、続く代打・山下も左前へ2点適時打で一気に4点を奪った。投げても0封リレーで勝利。三浦監督は「だんだんと投打がかみ合ってきて、動き始めたかなという感じ」と満足げだった。

 こどもの日で、スコアボードにはひらがなとカタカナが使用された。伏兵の活躍は、指揮官が伝えたい思いでもあった。「野球を楽しんでもらえたらなと思いますし、試合を見てプロ野球を目指す子どもたちが増えてくれれば」。桑原と山下は、ともにベンチで大声を張り上げるムードメーカー。主軸やエースでなくてもチームに欠かせない存在だ。桑原は「華があるプレーをできる選手ではない。自分のできる役割を精いっぱい全うすることを考えて、全力プレーがモットー。それを伝えられたらうれしい」と思いを込めた。

 開幕から出遅れたが、ゴールデンウィークの9連戦を6勝3敗で乗り切り、5月は4勝1敗と絶好調だ。36試合目にして12球団最後の10勝目に到達。3~5番の主軸3人もマルチ安打をマークした。指揮官は「これから1個ずつ積み重ねていくだけ。この波に乗っていけるようにしたい」と前を向いた。就任1年目。番長チルドレン“長男坊”のナインが、一致団結して勢いに乗ってきた。(安藤 宏太)

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請