【巨人】2軍はDeNAに連勝ならず 育成ルーキー坂本勇人が初スタメンで今永からプロ初安打

3回2死、安打を放つ育成の坂本勇人
3回2死、安打を放つ育成の坂本勇人

◆イースタン・リーグ 巨人1―5DeNA(5日・G球場)

 巨人2軍はDeNAと対戦し、1―5で敗戦。連勝とはならず、3連戦を1勝2敗で負け越した。

 先発は今季公式戦初登板のメルセデス。昨年10月に受けた左肘のクリーニング手術から復活を目指す助っ人左腕は初回、先頭の森に中前打を許すも、続く楠本を三振ゲッツー。無失点としたが、続く2回。先頭の細川に四球を与え、続く伊藤裕にもヒットを許した。その後1死二、三塁から山本、デラロサの連続タイムリーでこの回2点を失った。3回は3者凡退としたが、4回にも1点を失い、76球で4回6安打3奪三振1四球3失点でマウンドを降りた。

 打線はDeNA先発・今永の前にヒットが出ず、迎えた3回2死。この日、公式戦でプロ初スタメンに名を連ねた育成ルーキー・坂本勇人が初球をはじき返し左前打。球界屈指の左腕からプロ初安打をマークした。4回は先頭の北村がレフトへ1号ソロを放ち反撃ののろしを上げるも、後続が続けず。5、6回もチャンスを作ったが、あと一本が出なかった。

 2番手の堀岡は3イニング目となった7回、1死二、三塁から暴投とタイムリーで2点を失い4点差に広げられた。打線も7回以降はDeNAのリリーフ陣の前に無得点に終わった。

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請