J2金沢が水戸に逆転負けで2連敗 FW丹羽詩温「やって来たことを信じないと」

水戸戦で2得点目を決めたFW丹羽(写真は4月4日の町田戦)
水戸戦で2得点目を決めたFW丹羽(写真は4月4日の町田戦)

◆明治安田生命J2リーグ第12節 水戸3―2金沢(5日・石川県西部緑地公園陸上競技場)

 金沢はホームで、水戸に2―3で敗れ、2連敗となった。前半26分、DF渡辺泰基(22)のJ2初ゴールで先制。同39分に追いつかれたものの、後半24分、FW丹羽詩温(26)がCKからのチャンスをヘディングで決めて突き放した。だが、後半の終盤戦で立て続けに2失点し、力尽きた。

 前節(1日)の甲府戦で不振だったセンターバックなど先発3人を入れ替え、アグレッシブに攻めたが、後半は交代メンバーが今ひとつ機能しなかった。

 水戸の秋葉忠宏監督(45)が「金沢さんが最後まで打ってきてくれたから水戸の力が引き出された。胸が熱くなるゲームだった」と振り返るほどの熱戦だったが、金沢の柳下正明監督(61)は「(後半も)先発と同じ力を持った選手を増やしていくのが(指導者の)仕事になるのかな」と層の厚さに満足していなかった。

 この日、チーム最多5本のシュートを放った丹羽は「結果が出ずに立ち返るところがなくなるのは良くない。(キャンプから)今までやってきたことを信じてやり続けていかないと」と前を向いた。

 これで5勝2分け5敗。9日の次節はホームで山口と対戦する。

水戸戦で2得点目を決めたFW丹羽(写真は4月4日の町田戦)
すべての写真を見る 1枚

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請